toggle
Geo7販売・レンタル ドローン空撮・3D計測

ハンディーGNSS

Trimble Geo7シリーズ

森林、農地、市街地等でのGIS情報収集用の高精度GNSS

画像
画像
画像

Trimble Geo7シリーズハンドヘルドGNSSは、Trimble最新テクノロジーを結集した高精度GNSS受信機です。
ハンディータイプながらマルチGNSS対応220チャンネル2周波搬送波測位を兼ね備えたラインナップを取り揃え、D-GPS(MSAS)・後処理・RTK-GPS・VRS-RTKに対応。内蔵型大容量バッテリー搭載で動作時間最大10.5時間まで可能。
Rangefinder(レンジファインダー)一体型レーザ測距計と内蔵磁気ジャイロの併用によるレーザ照射ポイントの位置座標が計測出来ます。

従来までのGNSS受信機では測定が困難な現場や厳しいGNSS衛星捕捉環境下でも、TrimbleFloodlightテクノロジー(衛星影域低減処理技術)とH-STARテクノロジーが最高のGNSS性能を引き出します。
革新的な技術でGNSS受信機の計測領域を確実に広めます。

H-Starテクノロジーとは|(PDF)

マルチパス低減や電離層誤差除去技術をはじめとする最新の測位技術を組み込んでいます。

Floodlightとは|(PDF)

衛星影域低減処理技術により、都市部のビル群や樹冠の下での可用性が飛躍的に向上します。

ラインナップは3タイプ

画像
画像
画像

Trimble Geo7シリーズは、ベーシックモデルのStandardEdition(スタンダードエディション)、高精度プロ仕様モデルのProfessionalEdition(プロフェッショナルエディション)、最高級モデルのCentimeterEdition(センチメーターエディション)の3タイプの
ラインナップからお選びいただけます。

受信機水平精度は衛星配置条件等にも拠りますがスタンダードエディションモデルはMSAS(D-GPS)信号対応で最大50~60cm、プロフェショナルエディションモデルはRTK-GNSS、RTK-VRS対応で最大10cm(表記精度)、センチメーターエディションは同じくRTK-GNSS、RTK-VRS対応で最大1cm(表記精度)を発揮します。

製品比較|(PDF)

Trimble GIS用ハンディー型GNSSの商品ラインナップ。

多彩なアタッチメント

画像
画像
画像
画像

Trimble Geo7シリーズは多彩なアタッチメントを取り揃え、お客様の用途や観測条件にマッチした観測スタイルを可能にしました。

手持ちスタイルはLineGenelic(ライン観測モード)で歩行・移動体での軌跡を捉えるのに便利です。

MonoPoleスタイルは1.0m~1.3mの伸縮型ポールを用いて観測します。移動が楽なスタイルでかつRangeFinder(レーザ測距)・PointGenelic(ポイント観測モード)を併用する際にお勧めです。
自社独自のブラケットを用いることにより、レーザ照射部の水平値を簡便に認識することが出来ます。

RangePoleスタイルは特に森林部などの衛星信号強度が弱くなりがちなフィールドでの利用頻度が高いユーザ様にお勧めです。オプションのZephyr2(GNSS)アンテナを取り付け信号感度を高めることにより精度維持出来るエリアがさらに改善されます。自社独自の接続金具を用いることにより、Zephyr2外部アンテナ装着時でもRangeFinder(レーザ測距)が利用できるように改良しました。

推奨する適用フィールド

画像
画像
画像

従来型GNSS受信機では不向きであった森林域や都市部のフィールドでも高精度な位置情報取得が可能になりました。

電柱、マンホール、ハンドホール、地下埋設管土被り調査、弁栓類、人孔、桝、カーブミラー、街路灯、ガードレール、排水桝、ガードレール、消火栓等の道路付属物調査に便利です。

航空写真測量現地補測、道路台帳、上下水道台帳、公園台帳、森林測量、森林域巡視路調査、樹木離隔調査(伐採樹木特定)林班界境界確定、標定点(GCPポイント)設置・船上や車両の軌跡を記録・簡易平板(民地内の家屋形状を登録する)際にお勧めです。

各種モニタリング調査(環境センサス、動物・植生調査、除染調査)、ボーリング・掘削位置出し、登記測量(世界測地系トラバー点設置)等復元性の高い位置座標を取得する際にお勧めです。

PathfinderOffice(パスファインダーオフィス)

画像
画像

簡易な操作性のGNSSデータ処理ソフトウェアです。Geo7シリーズに蓄積されたTrimbleフィールドフォーマット(SSF)をデータ転送し多様なGIS及びCADデータフォーマットにエクスポート、多様なGIS及びCADデータフォーマットをインポートしGeo7シリーズへのデータ転送が可能になります。

GNSS後処理機能も内蔵されており、フィールドで取得したデータ単独測位精度を大幅に向上させることが可能です。
Pro6H、Pro6RT受信機、そしてGeo7HハンドヘルドではRINEXフォーマットを利用したH-Starデータ処理(オプション)によりデータ単独測位精度をデジメートル(10cm)に向上させることが可能です。

Pro6T、Geo7Tハンドヘルドの受信機を利用すれば最適なGNSSコード処理精度を得ることが可能です。

取得したポイントデータ、ラインデータ、エリアデータをKMZファイルで保管することにより、GoogleEarthで瞬時に視覚的に観測結果をプレゼンテーション出来ます。

パスファインダーオフィス|(PDF)

Trimble GISフィールドフォーマット用GNSSデータ処理ソフトウェア。